読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごとくをみがく

パート2

車窓からひかる水面を見ている

 

 

夜ひかる人に見送られながら歩く。この季節は好きです。

でも風邪をひいてしまって元気ないかんじ。

 

話は変わりますが、いくつか問い合わせのあった文学極道の話。

現在、文学極道では代表を求めておりません。(スタッフ公募自体していない)よってペスト氏の立候補というのは根拠のない場に対するアピールだと捉えています。

ログを漁れば出てくるケムリ氏の時とは状況(ケムリ氏はスタッフだった)が違いますから、同じ対応はできませんし、フォーラムへの書き込みも考えていません。

こちらからは以上です

 

投稿、閲覧していてご不満や思うことはあるでしょうが、申し訳ないのですが自分は真摯に選考をすることでしか場に応えられないと思っています。

選考で行っているのは権威付けではありません。楽しませてもらった作品、作者に対して、拍手のかわりに。と、これはピクルス長老さんからの受け売りですが。