ごとくをみがく

パート2

うつくしい(はずの)せかいの終わり

カニエ・ナハさんの詩集「MU」を読む。

病的なイメージ。

確信も断言も夢のようだ。

なんだか私は悲しくなってしまった。